2016年04月16日

スケッチブックとクロッキー帳買った

水彩紙のスケッチブックも、安い画用紙のらくがき用スケッチブックも、ペラペラのクロッキー帳もなくなった。
値段重視で色々買ったらマルマンさんの信者みたいになった(笑)
お手頃で助かります。
特にお手頃の水彩紙、VIFARTはお気に入りです。私は紙がぼこぼこしてる粗目の赤い表紙のが好きだけど、他に中目の緑と、細目の青があります。
水彩色鉛筆なら中目、パステルならフラットな細目かなぁと思っています。
リングのブックタイプと、レポート用紙みたいに上だけのりで止めてあるタイプと、四方を固めてあって水彩を描いても紙が波打ちにくく、描いたあとはナイフで切り離して使うブロックタイプがあります。
今回は小さめのブックとブロックを購入。
あとは今までと同じクロッキー帳と、お遊び用の400円ぐらいの安いスケッチブックを購入。4点で4000円ぐらい。いっぱい描くぞー
TPE00170.jpg
posted by いち at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

インティオス様の出番です。(wacom Intuos4使ってみた)

な、なんかプロっぽいぞ!
image-fcd90.jpg
ペン先も替えれるらしいんですが、まだ初期のままです。
キーボード使っちゃうから左のボタンほぼ使ってません。使ったら便利なのかなぁ。
筆圧感知はさすがだわぁ。広いから長い線とか引くのもやりやすそうです。
小さいペンタブをマウスの位置で使ってたから、スペースの都合もあり描く場所が体に対して中央になるのは慣れるの時間かかりそう。

フォトショもブラシの登録とかしてないので、色々設定したらたのしくなるかも。
posted by いち at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

PCまわり整理

image-0c9ec.jpg
XPのデスクトップPC本体をようやく初期化?したので捨てることにしました。
モニタとキーボードはタブレットPCに繋いで使う事にしました。
わぁー最近全然パソコンで作業してないのにすごいやる人っぽーい(笑)
インティオス様出番ない。。
つかタブレットPCも画面に直接ペンで描ける機能付いてるやつ買ったのに使ってないな(⌒-⌒; )
スタンドライトはお絵描き机に使ってたやつだけど、お絵描き机閉まっちゃって置き場所ないのでとりあえず置いとく。
posted by いち at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

さくっと搬入!

搬入してきました!
ニトリさんで買ったマガジンラックを初投入。 image-20140323230755.png スペースの上が空いていてさみしいので、明後日ぐらいにペット似顔絵のお知らせを貼りに行きたいところです。Tシャツは本当はハンガーにかけた見本か、せめて袋に入ってない手に取れる見本がほしいところだけど、うーん。
搬入の後は4月から始める1坪ショップの準備を進めました。こちらも色々とスケジュールギリギリ(・_・;
お店の名前は壱号缶です。こちらについてはお店ブログ(アメブロをお店ブロクに整理•変更中)に書いてますのでのぞいてみて下さいね。http://s.ameblo.jp/ichigoukan/
posted by いち at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

TOSHIBA V714でお絵かきしてみた感想

レビュー探してる人いるかな〜と思ったので描いてみる。
image-20140120194555.png
タブレットPC→V714 28K メモリ256GB SSD
ソフト→PhotoshopElements11(フォトショついてるモデル買ったんですけど、SDカードに入ってるのを自分でインストールするようになってました。)
ペン→付属のデジタイザーペン
ドライバ→よく分からないままワコムドライバおとしてきました
筆圧感知は書き始めが細い線か太い線どっちか両極端になってしまいがちで、思う通りに描くにはなかなかコツが入りそうです。 でも筆圧感知あるのとないのとではだいぶ違うので、あるだけいいかなぁという感じ。
描く時のポインタのズレとか震えは特に気にならなかったです。端でもそんなズレない気がする。あと、結構早く線をひいてもちゃんとついてきます。
私は一回の作業時間が2時間〜4時間ぐらいなので充電器とキーボードは持たずにタブレット部分だけ持ち歩いて描きました。写真は説明のためにあとから家でとったものです。
画面にキーボード出してショートカットも一応使えますが、初期設定のキーボードだとAltとかないので、設定かえなきゃないです。
image-20140120200844.png
画面半分キーボードで埋まるから、キーボード出して、ショートカットで色調補正ウインドウとか出したりコピーしたりして→キーボードしまって→画面見て色変えたりペーストしたり→キーボード出してエンター押したり方向キー押したりって感じでやってるんですが、他にもっと良い方法がある気が、、
上のメニューからやるにも細かくてめんどいしうーん。
あと長時間描くなら何かスタンドを用意した方が描きやすいなぁと思いました。
とりあえずやりたいことはやれるので満足。似顔絵描くぐらいだったらフォトショもサクサク動くし、画面もそこそこ大きいし買ってよかった。
posted by いち at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

マスキングリキッド(マスケットインク)の話

使いたい時はだいたい固まっているマスケットインク(笑)
image-20131225232651.png
たまにしか使わないけど、これを使うだけで絵がうまく見える大事なアイテムです(笑)。
水彩で描く時に、手前の塗り分けたいものをマスク液でマスキングしてから奥の広い面積(空とか)を塗るといい感じです。
image-20131225232705.png
使い方。新品以外は固まっている部分を取り除いてかき混ぜてから使います。
マスクしたい部分に塗って乾かしてからその上に絵の具を塗って、絵の具が乾いたらゴムの膜状に固まったマスク液をはがします(ラバークリーナー使うとよいです。ペーパーセメント剥がしたりする消しゴムみたいなシート)筆も固まるので専用のクリーナーで洗います。薄い画用紙は敗れる事があるので注意。
メーカーはクサカベさんのを使っています。650円ぐらい。ホルベインからも出てたような。
追記。。
このあと久々に使って、派手に画用紙を破ってしまいました(⌒-⌒; )
調べてみたら、コットマン、ヴィファールは表面が弱いのでNGらしいです。あと水で薄めて使う方もいるみたいです。
image-20131227180037.png
posted by いち at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

アクリルガッシュの特徴。

使ってる画材を紹介しようシリーズその2。
アクリルガッシュ。
image-20131125184320.png
メーカー→ターナー
分類→アクリル絵の具
特徴→全色不透明絵の具です。乾くと固まって耐水になります。もともと印刷用の下絵(ポスターとか)を描くために開発された絵具で、耐光制は強くなく、長期間の保管には向かないとされています。色数豊富です。
基本の使い方→水分濃度をソースぐらいの濃度にうまく調節すると塗りムラや筆の跡をあまり残さず均一の色でピタッとぬれるのが特徴です。その濃度で重ね塗りすると、不透明なので下の色を完全に隠せます。
でも水で薄めて水彩風にしたり、厚塗りして盛り上げたりする人もいますね。
私も濃度調節が苦手なので、厚塗り風にしたり適当な使い方ばかりしています(~_~;)
image-20131125184132.png
パイロンに塗って見たり
image-20131125184152.png
厚塗り風だとこんな感じ。
アクリルガッシュとリキテックスの違い→どちらもアクリル絵具で、乾くと耐水です。でもリキテックスは透明、半透明、不透明があって、色によって絵の具の金額も違います。液体タイプとかシリーズもいくつかあります。あとは、リキテックスのほうはメーカーさんで布や木など水分を吸収する素材ならなんにでもかけるとうたっていて、ネイルアートなんかにも使うみたいです。
アクリルガッシュとポスターカラーの違い→どちらも不透明水彩絵の具です。ポスターカラーは乾いても水性のままで、時間が経っても水にとけます。ポスターカラーはアクリルじゃないので粉っぽく、アクリル特有のツヤや膜っぽい感じはありません。
posted by いち at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 画材、道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツUL5